テクノロジー犯罪研究所

テクノロジー犯罪、集団ストーカー、エレクトロニック・ハラスメント、電磁波犯罪、思考盗聴について研究しています。 私は、警察と公安警察の一員によるテクノロジー犯罪の被害を受けています。また、 思考盗聴、音声送信等の被害を受けています。

Signal スノーデン氏も推奨するセキュアなチャット セキュリティの高いメッセンジャーアプリ 公安がLINEの代わりに使っている「通信アプリ」

スノーデン氏も推奨するセキュアなチャット Signal 

 

Signal

https://signal.org/ja/download/

Signalは

セキュリティの高いメッセンジャーアプリ

Signalを使ったやり取りは暗号化が行われており、他社にその情報が洩れる可能性が少なくセキュリティが高いアプリとなっています。
暗号化されるやり取りは、メッセージチャットだけではなく音声通話も含まれます。

Signalはユーザー同士しか、メッセージのやり取りにしか干渉しないエンドオブエンドシステムを利用しているため、他のコンピューターなどに情報が残ることがありません。

LINEよりも優れたセキュリティ


LINEの問題点

暗号化されていない
国外に保管されているサーバー
利用規約に明確ではない点がある
LINEはメッセンジャーアプリとして多くの日本人が利用しています。

ただ、セキュリティ面では問題があると言われています。
やり取りの内容が暗号化されておらず、他のコンピューターからも解析されやすく、保管されているサーバーも日本にありません。

https://snsdays.com/other/signal-messenger-application/#i

スノーデン氏も推奨するセキュアなチャット「Signal」、PC版が登場
「Signal」の秘匿性を決定づけたのは、元アメリカ国家安全保障局 (NSA) および中央情報局 (CIA) の元局員で、NSAによる個人情報収集の事実を暴露し、ロシアに亡命したエドワード・スノーデン氏のこの発言。

    Use Tor. Use Signal. https://t.co/VLvBsbVHKs

    — Edward Snowden (@Snowden) 2016年9月21日

https://techwave.jp/archives/introducing-signal-standalone-desktop.html

鉄壁のセキュリティ!? 日本の公安がLINEの代わりに使っている「通信アプリ」の名前

LINEの情報漏洩に「やっぱり」

3月中旬、無料通信アプリ「LINE」の利用者情報が中国に筒抜けになっていたというニュースが、世間に大きな衝撃を与えた。

「やっぱり、という感じで驚きはなかった」と語るのは、さる公安警察関係者だ。

「LINEの内容が中国に漏れている、というのはインテリジェンス関係者の間でかねてから囁かれていた。そもそも我々は業務上の連絡でLINEを使用することは固く禁じられていて、開くのはせいぜい私用のスマホで民間のネタ元とやりとりをする時くらい」

今回の一件でLINE離れがますます加速した彼らの間で重宝されているのが、アメリカの非営利団体が開発した「Signal」という通信アプリだという。

その理由は、「国家レベルの検閲も迂回可能」と言われる鉄壁のセキュリティだ。
https://gendai.media/articles/-/82499

「もともと日本で使い始めたのは、暴力団の組員や半グレだった。Signalには、一定時間が経つと自動的にメッセージを完全消去できる機能が搭載されているため、麻薬の密売など裏稼業に重宝されていた。

運営元への情報開示請求も困難で警察もほとほと手を焼いた経緯があり、その性能の高さが知れ渡った」(前出・公安警察関係者)

諜報のプロたちが、お墨付きを与えたアプリ。

誰かに知られたらマズいやり取りをしている人は、試しに使ってみてはいかがだろうか。
https://gendai.media/articles/-/82499?page=2

エドワード・スノーデンも使っている暗号化された通信アプリ「シグナル(Signal)」は、CIAのスピンオフ組織によって出資を受けて開発された -

シグナルの公式HPには、エドワード・スノーデンツイッターのジャック・ドーシーCEOなど、有名人がその安全性を称賛し、自らも使っているというコメントが写真付きで掲載されている(冒頭の画像)。

Signal(シグナル)は、Signal Foundation[9]が開発しているオープンソースメッセンジャーソフトウェアである[10]。
すべてこの新情報を受けて、アメリカ国民の個人情報を違法に収集しているとして、国防総省諜報機関であるNSA国家安全保障局)を内部告発したエドワード・スノーデンは、実際、CIAについては批判も告発もしていないと指摘されている。このことから、エドワード・スノーデンは実はいまだにCIA工作員である可能性が出てきたと一部で囁かれ始めた。もしこれが事実であれば、トランプ大統領エドワード・スノーデンに恩赦を出すことはないだろう。

対応OSは、AndroidiOSWindowsmacOSLinux。主な機能は、文章・ファイルの送受信、音声通話、ビデオ通話など[14]。2022年4月時点で、SignalのAndroid版は1億回以上ダウンロードされている[15]。また、独裁国(権威主義国)などの検閲国でもサービスを利用可能にする「プロキシ構築方法」がサポートから公開されている[16]。 
https://bonafidr.com/2021/01/17/%e3%82%a8%e3%83%89%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%bb%e3%82%b9%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%82%e4%bd%bf%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e6%9a%97%e5%8f%b7%e5%8c%96%e3%81%95%e3%82%8c/

2021年
1月 - 複数の国と地域でSignalがApp Storeのトップチャート1位に[37]。この少し前、Facebook傘下のメッセンジャーアプリ「WhatsApp」に大幅な利用規約変更の告知があった[38]。

https://ja.wikipedia.org/wiki/Signal_(%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2)


3 Signalのサービス内容から発生する危険性を調査

    3.1 プライバシーの保護に強い
    3.2 当局に提供する情報が限定されている
    3.3 エンド・ツー・エンドの暗号化
    3.4 Signalの運営さえもやり取りは見えない
    3.5 「最もセキュアなメッセンジャーリスト」を全てクリア
    3.6 Signalプロトコルが利用されている


当局に提供する情報が限定されている

Signalは、法律上のトラブルに巻き込まれたとしても、当局に提供する情報が非常に限られています。

理論上、Signal運営すら情報を見ることは出来ないとされているなど、プライバシーを守りたいという人に愛されているサービスです。

Signalでは、エンド・ツー・エンドの暗号化が導入されており、非常にプライバシー面で強いサービスと言えます。

エンド・ツー・エンド暗号化とは、暗号化を使用する利用者のみが鍵を持つことで、サービスの管理者や第三者が勝手にデータを復元することを防ぐ技術です。

インターネットを通して送受信しているデータを傍受されたり、サーバーに保存されているデータを盗まれたりしたとしても、復元が不可能となるため、プライバシーがしっかりと守られます。

Signalは、その仕組みの性質上、理論上はSignalでさえもやり取りは確認できないとされています。

これは、Signalをチェックした専門家による意見ということもあり、かなり説得力がある意見と言えるでしょう。

Signalは情報の秘匿性が高く、デモ主催者や参加者の連絡ツールとなっている事実があります。

これは、それだけSignalの情報保護能力が強く、裁判や警察沙汰になったとしても情報がほとんど漏れないという信頼から起こっていることです。

つまり、それだけプライバシー保護に強いサービスと言えるでしょう。

Signalは非常に情報の秘匿性が高いサービスです。

これは逆に言えば、裁判沙汰に発展した相手がSignalでのみの知り合いだった場合、トラブルとなった相手の情報を取得できない可能性が非常に高くなるため、トラブルが発生した際に相手の所在を掴むことが出来ないという危険性があります。

https://app-story.net/signal-safety/#i-5

Signal(シグナル)アプリはまだ日本で馴染みのないメッセンジャーアプリなので、Signal(シグナル)アプリを利用している人の数はそれほど多くありません。

日本でも利用者が増えていけば、LINEアプリやMessengerアプリに変わるメッセンジャーアプリとして、普及が進むかもしれません。

しかしユーザーとしてまず気になるのは、Signal(シグナル)アプリの開発元と安全性、そしてメッセンジャーアプリとしての機能と使い方です。

 Signal(シグナル)アプリは営利目的で開発されたアプリではないため、オープンソースつまりソフトウェアを構成しているプログラム「ソースコード」を、無償で一般公開しています。

電気自動車の世界最大手テスラ社のCEOであるイーロン・マスク氏が推奨していることも後押しし、現在Signal(シグナル)アプリは欧米を中心に利用者が急増しています。

電話番号や位置情報がバレる?

他のメッセンジャーアプリと同じように、Signalアプリで友達や知人とチャットするときもチャットルームを立ち上げますが、名前の下に相手の電話番号が表示されます。この点はLINEアプリやMessengerアプリと大きく異なります。

自分の位置情報を相手に送信することも可能です。自分の位置情報はアプリをインストールしたときに自動的に設定されるわけではないので、バレることはありません。相手に位置情報を送信したときにバレるだけです。

位置情報を相手に初めて送信する際、Signalアプリに位置情報を利用することを許可するポップアップが表示されるので、「Appの使用中は許可」を選択し「送信」アイコンをタップすれば位置情報を共有できます。

登録した電話番号が表示される
電話番号の表示

先ほど紹介したように、連絡先に登録されている友達や知人とチャットするためにチャットルームを立ち上げると、名前の下に相手の電話番号が表示されます。

ですから相手が自分とチャットするためにチャットルームを立ち上げれば、自分の名前と電話番号が表示されるのでバレることになります。
「エンドツーエンド暗号化」という機能が搭載

Signalアプリの安全性を語る上で重要な仕組みが「エンドツーエンド暗号化」です。

「エンドツーエンド暗号化」は直訳すると「最初から最後まで暗号化」となりますが、メッセージの送受信や位置情報の共有の際にデータがすべて暗号化され、送信する側と受信する側の人だけが鍵を使い、暗号化されたデータを文字に戻すための復号化が行えます。

他のSNSメッセンジャーアプリではWhatsAppアプリやMessengerアプリが「エンドツーエンド暗号化」を採用しています。
情報漏洩などの危険性は非常に低い

「エンドツーエンド暗号化」は、現在採用されているデータ通信システムの中で最も安全なものの1つといわれています。そのためSignalアプリは、米国の電子フロンティア財団によって、最高評価を受けています。

「エンドツーエンド暗号化」で送信されるデータは暗号化されているため、第三者がハッキングに成功しても、内容を解読することは不可能です。データの解読を行えるのは鍵を持つ送信者と受信者だけです。

そのため情報漏洩などの危険性は非常に低く、内容がバレることは一切ありません。

https://appli-world.jp/posts/17742